Skip to content

就活の前に知っておきたい!保育士に必要なスキル3選

ピアノで簡単な伴奏をすることができる

保育士の先生といえば、少なからずピアノが弾ける、というイメージをお持ちの方もおられると思います。実際、園児が童謡などを習って歌う時には、保育士の先生が伴奏を担当する事がほとんどです。とはいえ、そこまでピアノを極める必要はありません。必要となるのは、主に伴奏と、ドレミの音です。ピアノに慣れていない、という人は、ピアノ用の通常の楽譜よりも、コードを覚えて、コード譜で弾く方が簡単な場合もあるかもしれません。

子どもが大好きである

保育士という仕事をするにあたっては、勿論ですが多くの子どもたちと触れ合うことになります。もし仕事と割り切ったとしても、子どもが苦手な人はもちろん、子どもが好きでも嫌いでもない人に関しても、あまり保育士には適さないといえるかもしれません。子ども好きでなければ、どうしても表情や動き、話し方などに不満などが出てしまう場合があります。子どもはそのような大人の態度に非常に敏感です。好きこそ物の上手なれ、という言葉もありますし、好きであることにこしたことはないでしょう。

可愛らしいイラストなどを描くことができる

子どもたちとのコミュニケーションには、音楽や絵がつきものです。特に、簡単で可愛らしいイラストを描くことができれば、園児のプリントなどを即興で飾り付けたりすることも可能ですし、イベントごとなどでも非常に役に立ちます。休み時間に子供たちと遊ぶ際、絵を描いてほしいとお願いされることも少なくありません。特に、うさぎやクマ、猫などの動物を可愛らしく描けると、一気に子どもたちのハートを掴むことができるかもしれません。

保育士の求人ならば神奈川にたくさんあります。そのために、保育士の求人を神奈川で探したなら、理想的な職場が見つかります。